欧米のバスルーム

私たちのご提案は、そこがひとつの<room – 部屋>であるという認識から始まります。
リビングと同じだけの上質なインテリアを持つ場所であるべきだということ。
ダイニングと同じだけのハイ・デザインを感じるスタイルであるべきだということ。
もっと普遍的な価値を持った空間に成り得るということ。
そしてその価値は、永きに渡ってサスティナブル – 持続可能であるということ。

アメリカの住宅に関わる深い理解の中から、
そして、伝統的な様式やトレンドを熟知する中から、
本物の洗練されたデザインと機能を備えた、新しいバスルームをお届けします。

Bathroom Design

まるで映画のワンシーンのような、広々とした空間を贅沢に使ったバスルーム。
欧米では、主寝室に隣接した「マスターバスルーム」と子供やゲスト用の「サブバスルーム」を設けることで、家族間や来客とのプライバシーと健康を守っています。<浴室><洗面><トイレ>を、より美しく、より洗練し、より一体的に。
全てがシームレスであると捉えることは、限られた空間を上手に使いながら、バスルームを完全にプライベートな時間を過ごすことができる、<room – 部屋>にする知恵でもあるのです。

Showering Space

欧米では、毎日は使わない浴槽と、毎日使うシャワー室をガラス戸で区切ることで、水気や汚れの飛び散りを防ぎ、清潔でラグジュアリーなバスルームを実現しています。
また、浴槽を除いた<シャワー室><洗面><トイレ>一体型のバスルームは、空間の限られた都市部の住宅でよく見られ、日本の住宅やライフスタイルの変化にもマッチしたバスルームと言えるでしょう。
ボウクスの自由設計バスルームは、規格に囚われない、空間を最大限に活かした設計が可能です。欧米並みの豊かなバスライフ・スタイルをお届けいたします。

バスルームトップ 欧米の“身体にやさしい入浴習慣”


実は危険!?日本の入浴習慣/欧米の“身体にやさしい入浴習慣”

お風呂に入ることは、リフレッシュすること・・・
日本人にとってのお風呂のすごし方は、身体を洗う以外に自分の再生の意味も合わさり、特別な
時間であることも多そうです。
たっぷりのお湯に浸かり、お仕事で疲れた身体を解きほぐしてリフレッシュしてゆく・・・
時にはテレビを見ながら、または本を読みながらひと時の幸せに浸る。
実はこれ、ケースによってはちょっと身体に優しくないということがわかってきています。
例えば熱すぎるお湯に長時間浸かったりするのは No Good!
身体にやさしい入浴って、いったいどういうことでしょう?

No Good Bathlife
実は危険!?日本の入浴習慣

実は危険な「全身浴」


入浴中の人体には、「静水圧」という静止した水中で働く圧力がかかっています。その影響として血液の循環が良くなり、疲労回復やリラックス効果が得られます。ただしこれは「半身浴」の場合で、首までお湯につかる「全身浴」は、胸にかかる「静水圧」と「血圧」の両方が心臓に大きな負担を与え、時には死亡事故にも繋がる、実は大変危険な行為なのです。

浅く作られた欧米型のバスタブなら、自然と身体にやさしい入浴スタイルになり、安心してお風呂に入ることができます。

ヒートショックを招く日本の浴室


「ヒートショック」とは、急激な温度変化によって身体に及ぼす影響のことで、特に冬場における日本型の入浴中に起こりやすい現象です。冷え切った脱衣所から浴室で熱いお湯に浸かり、お風呂で温まった身体で再び寒い脱衣所に出る。当たり前の行為の間に、身体は血圧の急上昇と急降下を繰り返し、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクを伴う大きな負担を受けています。

脱衣所と浴室が一体になっている欧米型のバスルームなら、急激な温度変化を防ぐことができ、身体にやさしいバスライフを送れます。

Good Bathlife
欧米の“身体にやさしい入浴習慣”

バスルームは特別な時間を過ごす場所


欧米ではシャワー中心の入浴習慣が主である故に、バスタブに浸かる時間は一層特別なもの。広々としたラグジュアリなバスルームで、バブルバスやエッセンシャルオイルの香りを感じながら、時にはキャンドルの光だけで、身体も心もリラックス。シャワー室は身体の汚れを落とす場所、浴槽は身体の疲れを癒す場所、と切り分けた考え方は合理的なだけでなく、バスライフを大切に過ごすための知恵でもあるのです。

お洒落なだけじゃない、バスローブの秘密


映画のワンシーンのような、バスルームに欠かせないもののひとつ「バスローブ」。入浴後にさっと羽織るだけなので、バスタオルで拭く必要がなく、小さなお子さんでも簡単。保温・保湿効果があるので、湯冷めやお肌の乾燥も防いでくれます。実はお洒落に見せるだけではない、様々なメリットが隠されたバスアイテムなのです。

心地よさだけではなく、身体のことをもっとよく考えたバスライフを送るために。
ボウクスがお届けするのは、欧米の“身体にやさしい入浴習慣”を基本としたバスルーム作りです。
欧米並みの豊かなバスライフ・スタイルをお届けします。

バスルームトップに戻る ボウクスで造る憧れのバスルーム


タイル・ユニットバス

デザイン性と機能性を兼ね備えたバスルーム

木・土・石・ガラス…あらゆるマテリアルを代替えしうる、タイルならではの無限の可能性を確信しているボウクスだからこそのご提案。
ユニットでありながら総タイル張り。
施工性に富んだ、デザイン幅を妨げない工法で造りあげることを考えました。


詳細お見積りやカスタマイズについてのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

Bath Simulation
ユニットバスデザイン・お見積りシミュレーション

ユニットバスの壁・床タイルデザイン、水栓金物のコーディネートと概算お見積りをシミュレーションでご覧いただけます。
シミュレーション結果のプリントはもちろん、シミュレート状態でのブックマーク(シェア機能)が可能ですので、いつでも&じっくりご検討いただけます。

詳細お見積りやカスタマイズについてのご相談も承ります。
シミュレーション結果のバスルームのURLを添え、お気軽にお問い合わせください。

  • ※詳細お見積りやカスタマイズは弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
  • ※商品の仕様や価格等、予告なく変更する場合があります。
  • ※閲覧環境により色味が現物と異なる場合があります。ご了承下さい。

バスルームトップ ご相談・お問い合わせ


自由設計のバスルーム


疲れた身体を癒す。また日頃のストレスから心を解き放ちたい時間と空間。それには本物の洗練されたデザインと機能が必要です。上質なパーツの組み合わせ、空間に流れ込む自然光をも計算しつくした、“ひとつの部屋”としてのデザインが住まいの核を生み出します。

Bathroom Layout
バスルーム・レイアウト

欧米においてバスルームとは<浴室><洗面><トイレ>を指しています。この発想が、全てが独立した従来の間取りでは成し得ない、空間全体のトータルコーディネートを実現します。
標準的な間取りでも、壁を無くし一つの空間にする事で、まるで映画のワンシーンのような、
広々とした空間を贅沢に使ったバスルームを造りだせます。


【CASE1】 浴室1坪洗面所1坪トイレ0.5坪

壁を取り払うことで色々なレイアウトが可能です。

【CASE2】 浴室1坪洗面所1坪トイレ0.5坪

映画のワンシーンのような広々としたバスルームや、屋外からの出入りも可能なサーファーズハウスなどにおすすめのレイアウト。

【CASE3】 浴室0.75坪洗面所0.75坪トイレ0.5坪

足の延ばせる大きなバスタブのレイアウトや、機能はそのままにコンパクトにまとめることも可能です。

<浴室><洗面><トイレ>を、より美しく、より洗練し、より一体的に。
全てがシームレスであると捉えることは、限られた空間を上手に使う知恵でもあるのです。

BOWCS bathroom
BOWCSで造る憧れのバスルーム

木・土・石・ガラス…あらゆるマテリアルを代替えしうる、タイルならではの無限の可能性。
インテリアを飾るのは、「息をのむ美しさ」と称される、KOHLERの水洗金物たち。
宝石のような輝きを放つ水栓金物の美しさと、世界の伝統的建造物に裏付けられたタイルデザインの融合は、ここがバスルームであることを忘れるかのような、空間演出を可能にしました。

そしてドイツ生まれの内装用 断熱・防水下地材「wediboard – ウェディーボード」により工期の短縮と水まわりの自由設計を実現。
その全てが、トータルコーディネートのもと計算されつくした、変わることのない豊さをもたらしてくれるのです。


想像してください。いつか映画で見たような、足を踏み入れるだけで贅沢を感じる“非日常”な空間。
今日からはそれが、いつもそこに在るという“日常”に変わる、大人の嗜好を手に入れた貴方自身を。

相対性を持ったふたつの至福を与えてくれる部屋、それがボウクスの<bathroom>です

バスルームトップ ご相談・お問い合わせ

商品についてのご質問や施工についてのご相談、お見積もり、ご注文などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ カタログ請求 アクセス・事業拠点