欧米並みの、名実共に資産として
価値ある住宅地の実現を目指す

TNDとは欧米において数百年の実践から導かれた住宅地の在り方
Traditional Neighborhood Developments=伝統的近隣住区開発の略で、米国では現在でもその理論に基づいて計画して住宅を供給し、国民の資産が形成されています。

美しい街並みが住民に与える
帰属意識と上昇する住宅の価値

ノスタルジックを感じさせる豊かなクラシックデザインで統一された多くの住宅地は、 その街並みを美しく形成しています。
それはいくつもの厳しいルールに基づき、住民全員の力で守り管理することにより、 何年経っても美しい景観の住宅地が継続的に維持され、住む人々に帰属意識を与えます。

その結果として米国の住宅は最低でも物価上昇分の価値が上昇していく仕組みがつくられ、 信じがたいかもしれませんが、自分が住んだ住宅を売却する時に売却益が出ると言うことが 米国の常識です。

先進国の中で「住宅は償却資産である」
という考えをしている国は日本だけ

それに対し我が国の住宅は、政府が主導してきたスクラップ・アンド・ビルドの住宅政策によって購入したその日から価値が下がり始め、およそ20年でその価値は完全に消滅してしまいます。先進国の中で「住宅は償却資産である」という考えをしている国は日本以外には存在しません。

今や国民はこの事が当たり前となっており、バブル崩壊から2015年現在まで、その失った資産総額は500兆円を超えていると言われ、改善策も打たぬまま先の見えない未来に向かっています。

アメリカのTND事例

アメリカのTND事例
アメリカのTND事例
アメリカのTND事例
アメリカのTND事例
アメリカのTND事例
アメリカのTND事例

住民同士がルールを守り、協力しあって美しい街並みを維持することで、街への帰属意識と誇り・愛着、住人同士のつながりが生まれ、価値ある資産が持続されているのです。

メリーランド州 クインス・オーチャードの街並み

我々は、欧米並みの名実共に資産として
価値ある住宅地の実現に向けて、
私たちの出来る範囲で、
着実に TND PROJECT を進めて参ります。


当社計画・実績

U様邸
F様邸
A様邸

MORE DETAIL

商品についてのご質問や施工についてのご相談、お見積もり、ご注文などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ カタログ請求 アクセス